和装婚礼Q&A

神前式は必ず白無垢でないといけませんか?

式服という点から考えますと、一般的には白無垢に綿帽子もしくは角隠しが基本ですが、最近は色打掛や引き振袖で挙式をされる方も少なくありません。
神前式は神前でお二人が愛を誓い、今後のご加護をお願いする儀式ですのでフォーマル度の高い装いであれば差し支えないと考えられます。

神前式ではかつらを合わせないといけませんか?

一般的には白無垢に綿帽子もしくは角隠しが基本です。

かつらが似合わないか不安。事前に合わせる事はできますか?

日本髪は文金高島田といって花嫁だけの髪型ですし、日本女性を美しく見せる髪型ですからどなたにも似合う髪型です。
最近のかつらは軽量、鬢付けの匂いもなく、自然な髪の色のタイプもございますので、是非かつら体験などで試して頂きたいと思いますが、式場でご相談して頂いて差し支えなければ洋髪で挙式をされても良いと思います。

角隠しと綿帽子の違いは何ですか?

綿帽子は白無垢で使用し、角隠しは打掛・本振袖で使用しています。角隠しを白無垢で使用することもあります。

角隠しとは

何通りかの由来がありますが、一般的には「角を隠し従順に従う」という意味があると言われています。これ以外にも「長髪には霊力が宿るとされ、新しい家に嫁ぐ際に、災いを一緒に持ち込まないよう髪を隠した」などもあり、いろいろです。

綿帽子とは

「挙式が済むまで新郎以外の人に顔を見せないように白い布をかぶった」とされる意味が一般的です。平安時代より言い伝えがあり、綿帽子を深くかぶり、三三九度が終わった後に顔を表すとされています。


和装婚礼千代田のブログ
  • 和装婚礼Q&A
  • お問い合わせ
  • アクセス